めいぷる英語教室

武蔵野市西久保

 

お問い合わせ:

asakotakahashi@mapleabc.com

(​*現在Google Map上では掲載を控えております。お問い合わせいただければご対応しております。また万一、数日で返信がなければお手数ですが上記メールアドレスよりご連絡くださいませ。)

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

英検2級一次試験

October 24, 2019

結果が出ました。

最初、ウェブ上での合否結果確認の仕方がわからずどうしようかと思いましたが、何とか確認できました。(パソコンからだと正常に見れなかっただけでした。スマホからは見れました。)

 

無事、私も娘も1次試験をパスしていました。次は面接です!

 

私は日本の英語試験用に特別な準備をしたことがないので、テスト知識は正直あまりないです。ですが、そろそろお教室用に英検対策の準備を始めています。

 

最近、知ったのですが、日本で英検1級に小学生のうちに合格するのは毎年30名くらいなんだとか。(今後はますます増えると思いますが)それから最年少は大体小4くらいだそうです。

 

英検1級は私の感覚だとネイティブレベルの小学校6年生くらいのレベル感です。だから早熟な帰国子女など英語に堪能なお子さんが小4で受かるのはまぁわかります。大体2〜3学年は飛び級は十分可能だと思うので。

 

でもネイティブの小学校6年生レベルといっても教科や使うカリキュラムによってかなり差があるので一概には比べられません。娘のカリキュラムはクリスチャン系でアカデミックなタイプなので、教科書によってはかなりハードなものもあり普通の日本人の大人にはもう読めないレベルだと感じています。

 

さてさて、私は今回筆記38問中4問落としていました。自分が間違った問題はほとんど娘も間違っていました。でも娘は間違った問題を覚えていて父親にすぐ確認していたのでその時点で結構できたのだろうなと思っていました。

 

リスニングは私と娘はバラバラのところを間違えていましたが、娘は聞き取れない英語は自然にはないはずなので、長い問題文を注意深く聞く能力がまだないんだと思います。結構最後の方に話していた内容ではないものが答えだったり、多少ひねった感じはありました。(普通の会話文だったら飽きて途中から聞いてない感じになると思います(・_・;)

 

現在、教室には色んなバックグラウンドのお子さんが通っているので、一概には言えませんが、もしも普段使用しているテキストが英検より格段に難しければ特別な準備はあまり必要ないですが、英検の方が知識の整理に向いている段階に入っているのならば、普通の英語教材よりも英検の方が効率良い場合もあるかなと思っています。

 

特に英検はちょっと大人のボキャブラリーが混じるので、普段使用している教材が子供向けのものばかりだったら抽象的な概念の単語などを整理して覚えていく良い機会にもなるかなと思っているのでうまく利用したいところです。

 

 

また普段G1, G2などネイティブの教材を使っていても日本の親御さんにはやはり英検の方が馴染みがあるもので、レベル感も図りやすいので進度の目安になると思います。

 

いずれにせよ、基礎力がない段階での学習では時間ばかり浪費してしまうので、タイミングを見てパッと合格してしまいたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2020年春休みバンクーバー英語キャンプ

August 18, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 3, 2019

October 24, 2019