めいぷる英語教室

武蔵野市西久保

 

お問い合わせ:

asakotakahashi@mapleabc.com

(​*現在Google Map上では掲載を控えております。お問い合わせいただければご対応しております。また万一、数日で返信がなければお手数ですが上記メールアドレスよりご連絡くださいませ。)

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

アメリカの子どもたちに人気だったのは。。

June 21, 2019

 

娘が2週間のアメリカサバイバル?キャンプから無事に帰国しました。インターナショナルスクールの先生は旅程中ずっと同伴していてくれたものの、一歩キャンプサイトに入ったらそこは完全に英語の世界。

 

食事の時間は先生に会えるものの、それ以外の時間は自分で頑張らなくてはいけません。

 

アメリカから帰ってきて、とっても疲れた様子の娘ですが、キャンプでの話を少しずつ教えてくれています。

 

今回のキャンプには、泳げる施設がたくさんあったようなのですが、娘は「溺れかけた」と言っていたので、詳しく聞いたら飛び込みで遊んでいて、飛び込んだ後に水の上に出ようとしたら、上を中学生のグループが浮き輪で浮いていて、ぶつかって中々上がれなくなってしまい、夢中で違う方向に泳いでやっと上がれたとのこと^^;

 

これまで嫌々ながら続けていた水泳のレッスンも、役に立ったでしょう。。。着衣水泳や、海洋訓練とシュノーケルもさせておいて良かったなと思いました。いま水泳レッスンはターンの練習でつまづいていますが、もうちょっと頑張って続けさせようと思いました。

 

今回のキャンプでは、ゆるキャラのぐでたまのTシャツを持って言ったのですが、これが子供達に大人気で一日に何回も「I like your T-shirt!」と言われらしいのですが、Queen Bee(女王蜂系)の女の子たちが、グループを引き連れてモデル歩きしながら近づいてくるから怖かった〜(~_~;)と言ってました。

 

精神面の成長も、少し感じられます。やはり長期間親と離れていたので、親と離れても大丈夫という気持ちや自立心が芽生えてきたかな、、、と思います。

 

実は旦那さんはカナダにいた頃この手のキャンプにはあまり参加していなかったし、知らない子と一緒に行動するのも好きじゃなかったみたいです。こういうキャンプは内向的な子供には恐怖でしかないよ〜と言っていました。

 

娘は旦那さんにも似ているところがありますが、ここはB型の私の血を引いたようなので、また行くつもり満々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2020年春休みバンクーバー英語キャンプ

August 18, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 3, 2019

October 24, 2019