めいぷる英語教室

武蔵野市西久保

 

お問い合わせ:

asakotakahashi@mapleabc.com

(​*現在Google Map上では掲載を控えております。お問い合わせいただければご対応しております。また万一、数日で返信がなければお手数ですが上記メールアドレスよりご連絡くださいませ。)

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

Sports Day!@インターナショナルスクール

November 10, 2018

 

英語でホームスクーリングを行なっている家庭をメインとしたグループのSports Dayに参加してきました。

 

日本の運動会みたいに事前準備とか何もないので、ゆるい感じで午前中はバスケットボールとサッカーの練習。ランチを挟んでゲーム感覚で色々なファミリーリレーを行いました。

 

最近日本の運動会も生徒さんの怪我が問題視されていて転換期を迎えてますが、カナダではSports Dayは楽しむための日という感じみたいです。それぞれに飾ったバイクパレードから始まり屋台も出てる?フェスティバルみたいな感じらしいです。

 

今日は色々なファミリーと話す機会もありましたが、どうやら英語ホームスクーリングをやりながら日本の学校に通っているのは娘だけみたいで、よく両方出来るねと驚いてる人もいました。

 

両親がほぼバイリンガルで教育に高い関心がある場合これまでの概念を覆した教育方法が取れるんだろうなぁと最近感じています。

 

今まではバイリンガルといえば、日本人の両親に育てられた帰国子女が一般的なパターンだったと思います。

 

しかし帰国子女や留学、駐在経験者のバイリンガル教育というのが始まっていて、これまでの常識では考えられないパターンが次々と生まれてきていると思います。

 

例えば、英語もハイレベルで教えながら日本の進学校に進んでいくというパターンも可能だと思います。このパターンもバイリンガル教育の大先輩から近くお話を伺えそうなのでまたご報告出来るといいなと思います。

 

今日のスポーツデイ、娘は前半は嫌々やってましたが、後半のゲームタイムになるにつれ盛り上がり、ファミリーリレーは子どもより親の方が運動しているのでは??という感じでしたが最後は楽しく終われたようです。

 

そしてカナダ育ちの旦那さんもカナダ人のスタッフの方や学校の様子を見て好感触の様子でした。カナダの公立校より庭も整備されて綺麗だなぁと言っていました(^_^)

 

建物の仕様が日本と違い、凝った造りになっているように見えました。遊具とかもアメリカ製のものを使っているようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2020年春休みバンクーバー英語キャンプ

August 18, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 3, 2019

October 24, 2019