めいぷる英語教室

武蔵野市西久保

 

お問い合わせ:

asakotakahashi@mapleabc.com

(​*現在Google Map上では掲載を控えております。お問い合わせいただければご対応しております。また万一、数日で返信がなければお手数ですが上記メールアドレスよりご連絡くださいませ。)

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

Stanford Test 10 アメリカ式標準テスト

August 2, 2018

海洋研修から帰ってきて疲れてやや無言になっている娘がちょっと休憩してる間に「あの〜、お疲れのところ、ちょっと言いづらいんですが、実は明日テストを受けることになっていて。。」と次のミッションをイモトアヤコに伝えるディレクターみたいな私。

 

海洋研修で娘がいない間に、秋からの計画についてインターのHeadmaster (校長)と相談していました。

 

Headmasterも担任の先生も今後のことも考えて一回アメリカ式の標準テストを受けてみて、試験慣れさせた方がいいと賛成してくれました。試験慣れ以外にも今、何が出来て何ができないのかはっきりさせて、補強していこうと。

 

主にアメリカの私立学校のお子さんや、ホームスクーラーのお子さんが受験するとのことで、その中で今どの学年に相当する学力が身についているのかが細かく評価されるものです。このテストの結果、飛び級ということもあるそうです。

 

娘は来週からサマーキャンプが始まってしまうし、先生たちも研修で夏休みに入ってしまうので、受験するのなら今のうちにということになりました。

 

娘は「え〜!今帰ってきて疲れてるのに〜!」とご機嫌斜めでしたが、こうこうこういう事情で、、、と話すと納得してくれました。

 

Stanford Test 10は本来なら2日間にかけてテストを行うもの。英語だけでもEnglish, Reading, Spellingなど細かくセクションが分かれているのです。

 

今回、娘はSocial study とScienceはとりあえず現時点では必要ないので、簡略バージョンでお願いしました。(それでも全部受けるのに5時間くらいかかります。)

 

ゴール目指して頑張ろう。(私は送迎しかできないけど笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2020年春休みバンクーバー英語キャンプ

August 18, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 3, 2019

October 24, 2019