めいぷる英語教室

武蔵野市西久保

 

お問い合わせ:

asakotakahashi@mapleabc.com

(​*現在Google Map上では掲載を控えております。お問い合わせいただければご対応しております。また万一、数日で返信がなければお手数ですが上記メールアドレスよりご連絡くださいませ。)

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

サロン形式のカップケーキレッスン

September 27, 2017

昨日は、初めてサロン形式のレッスンに参加して見ました。

 

私はこれからも英語教室がもちろんメインの活動になりますが、1年に1ネタ、自分のスキルや世界を広げるため、新しい事でイベントやセミナーを開催したいと思っています。

 

何かのきっかけで、目にした美しいカップケーキ。

 

これなら子供達とイベントで作ったり、セミナーの後にお茶の時間にして提供できるものを自分で作りたいなと思っていたので、今回はカップケーキセミナーに参加しました。

 

カップケーキって、ある映画をきっかけに今北米でもすごく流行っていて、見た目は可愛いいからついつい見かけると買いたくなっちゃうんですが、食べると甘すぎて途中で味に飽きちゃう事が多いです。

 

最近は日本でもオシャレなエリアでちらほら見かけますが、カップケーキは売っていると高いんです。多分一つ500円くらいしちゃうと思います。カップケーキって私には北米のママたちが焼いて学校のバザーで出しているイメージがあるので、500円って高いーっ!て感覚です。だから子供向けにはやっぱり手作りの方が向いている気がします。(元々の材料などは、ごくごくシンプルなので。)

 

今回、本当に偶然なんですが、教えて頂いたレシピがまさに、そのある映画の主人公たちが食べていたニューヨークの超有名店マグノリアベーカリーのものを改良したものだったんです。マグノリアベーカリーの特徴であるパステルカラーのカップケーキたちです。

 

五月先生という今では有名な日本人の方が長年ここで勤められていたそうです。

https://mikissh.com/diary/magnolia-bakery-nyc/

 

今回のレッスンの先生のサロンは、ケーキスタンドがたくさん並んでいました。

 

今回のレッスンの素材はもちろん、塩などからして、とても良いものです。

バタークリームを1から作るのを初めて見ましたが、良いバターと、良いお砂糖を使って混ぜていくと自然にとても優しい、いい味に仕上がります。

 

また、日本人向けに上部に載せるバタークリームとの加減を考えられた、カップケーキの生地になっています。

 

カップケーキ上部のバタークリームの色付けですが、やはり濃い色を出そうとすると添加物をたくさん使うことになります。ですので、ほんのり色づく位でとどめておくのが良いと思います。

 

出来上がったものを試食させて頂きましたが、本当に美味しい。見た目も味も良いカップケーキというのは初めて頂きました。

 

先生の使ってらっしゃる食器なども、ただゴージャスなだけでなくて、機能性にも優れているものも多くて、食器に関しても色々お店なども教えて頂きました。

 

サラグレースという青山にあるインテリアや食器のショップもご紹介いただき、要チェックだわー!という感じです。

http://www.sarahgrace.co.jp

 

こういうサロン形式のレッスンも流行っている感もあるようですが、信頼できるお知り合いを通じての紹介などで、これからも少しずつ楽しんで行きたいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2020年春休みバンクーバー英語キャンプ

August 18, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 3, 2019

October 24, 2019