めいぷる英語教室

武蔵野市西久保

 

お問い合わせ:

asakotakahashi@mapleabc.com

(​*現在Google Map上では掲載を控えております。お問い合わせいただければご対応しております。また万一、数日で返信がなければお手数ですが上記メールアドレスよりご連絡くださいませ。)

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

ワークライフバランス

September 6, 2017

 

ワークライフバランス、この言葉を聞いてどう感じられますか?

私は、つい最近まで、うーん、あくまで理想像だよねって思ってました。

 

私の場合は、ワークライフバランスを取るために、起業という道を選んだので、誰かに頼っていたら現時点では実現できないという思いが強いです。

 

先日、偶然なのですが、知り合いの会社の講演会でワークライフバランスをテーマにした実業家女性が登壇されていました。

 

とても目立つ、美人の方ですが。

 

小室淑恵さんという方です。

 

なんでも資生堂出身ということで、親戚が資生堂なので、あー、なるほどと思いました。笑

 

とても成功していて、いろんな企業や政府からもアドバイザーとして引っ張りだこなんだそうです。

 

実は先日、小室さんと一緒にお仕事をしていた方と、ワークライフバランスに関する簡単なインタビューを受けていたのです。

 

要するに事業としては企業にワークライフバランスのメリットやプランを提供することで、きちんと利益を出しているということです。

 

これはなかなかすごいことだなと思いました。

 

誰もが実現したいと思うことだとは、特に女性は子育てとフルタイムの仕事の両立が現状では激烈にハードなので、切実な願いだと思うのです。

 

日本は高度成長期時代に作られた様々なモデルが維持できなくなっていると思います。少子高齢化モデルにシフトチェンジしなくてはいけないのに、日本全体が過去の栄光を忘れられないのかもしれないですね。「昔はこうだった!やれば出来る!」みたいな現場に遭遇することもあります。

 

薄々感じてはいたのですが、世の中の困っている人が直面している問題の解決策はビジネスのネタになり得るという私の考えを後押ししてくれました。

 

何か、問題に直面したら、文句を言うだけで終わらないで(これ超重要!)どうしたらそれを現実的に変えられるか一歩立ち止まって考えてみる。まずはどうやったら変えることが出来るのか調べてみる。解決策の仮定を考えてみる。

 

自信があったらそれを実行してみる。

 

それの積み重ねが大きな差になっていくのかもしれないです。

 

小室さんもたくさん本を出版されているようなので、また本を読んだらレポートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2020年春休みバンクーバー英語キャンプ

August 18, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 3, 2019

October 24, 2019