めいぷる英語教室

武蔵野市西久保

 

お問い合わせ:

asakotakahashi@mapleabc.com

(​*現在Google Map上では掲載を控えております。お問い合わせいただければご対応しております。また万一、数日で返信がなければお手数ですが上記メールアドレスよりご連絡くださいませ。)

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

これからの英語教室に求められているもの

July 16, 2017

巷には英語教室が溢れているけど、生徒さんや保護者さんの期待にしっかりと応えているお教室は一体どれくらいの数なのだろう、と考える。

 

今日もまた、子供の英語にはお金をかけたのに、全く身につかなかったという親御さんに出会った。過去にもがっかりした様子の親御さんには本当に何度も出会っている。

 

そして「どうしたらいいの?」と聞かれる。

 

英語教室とは何とも不思議な存在ですね。

 

水泳教室もピアノ教室も週一回習って、全く身につかなかったという話は聞かない。

 

でも、英語教室は週一回通っても、遊びの英語で終わってしまうことも実際には多くて、親御さんも一体どれくらい出来るようになったのかわからないが、まかり通ってしまっている不思議な業界。

 

何となくネイティブの先生と一緒のレッスンだからというイメージだけで、実際はたいして英語が上達していないという現実から目を背けてしまっている方も多い気がします。

 

実際、1年程度英語圏に留学したとしても、納得するほど語学力に自信がついて帰国する人の方が少ないかもしれません。逆に、語学を身につけることの大変さを実感して帰ってくる人の方が多いのではと。長期間の海外留学は費用もかかるため、誰でも出来ることではないです。それがあるから、日本でしっかり準備していくことが大事なのです。

 

週一回でも3年間通っていただいたら、それなりの結果を出すことが、これからの英語教室には求められていると思います。それはやっぱりテストの点数だけではなく、自信を持って英語が声に出して読めるようになり、簡単な会話が行えるようになることなのだと思います。

 

「やっぱり話せるようになってほしい!」が親御さんの本音でしょう。それに応えられるか。

 

それが出来ていないから多くの英語スクールが経営に行き詰まり、倒産しているのだと思います。

 

英語教室は溢れているように見えるかもしれませんが、コストパフォーマンスと質のバランス的に保護者さんの期待に添えられる学校は現在、ほとんどないと確信しています。

 

英検は合格しているものの、全然話せるようになるという気配はないというご相談もいただいたことがあります。

 

日本人はいわゆるESL(English as Second Language)という訓練を受ける機会がほとんどありません。日本人は義務教育の間に、かなりの英語の知識を身につけているのですが、それを口に出して練習する機会が現実ほとんど無いのです。そしてこの訓練は正直、わざわざ海外に行ってやらなくても良いと思います。先生の指示に従い、留学生同士で英語の会話の練習をするわけですから、日本人同士でやっても同じことなのです。

 

また、英語の日常会話に出てくるような子供でも知っている単語や、会話の際には英語がだいぶ省略されて話されるため、実際の会話のスピードについていくのはとても大変です。英語教材の英語やアナウンサーの英語は普通の人が話すよりもだいぶはっきり話しています。

 

英語ネイティブの先生も私が尊敬できるような素晴らしい先生もおりますが、正直、アルバイト感覚で突然辞めてしまったり、授業の準備はほとんど行わないような先生も多いのは現実です。

 

ですから、やっぱり上質な日本人の英語教師の存在が、これからの日本人の英語力を底上げしていけるのだと思っています。

 

まだお教室を始めてから2年目ですが、3年が終わる頃、自分の真価が試されると思っています。優秀な生徒さんをお預かりできて大変光栄ですが、自分の最大限の力を注いで最初の1人を育てたいと思います。

 

本当の最初の生徒は娘でしたが。

 

きっと出来るよ、私!

 

娘の時も日本でバイリンガルに育てるなんて絶対無理だよって言われて出来たから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2020年春休みバンクーバー英語キャンプ

August 18, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 3, 2019

October 24, 2019

October 14, 2019

Please reload

アーカイブ