めいぷる英語教室

武蔵野市西久保

 

お問い合わせ:

asakotakahashi@mapleabc.com

(​*現在Google Map上では掲載を控えております。お問い合わせいただければご対応しております。また万一、数日で返信がなければお手数ですが上記メールアドレスよりご連絡くださいませ。)

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

Canada Day

July 2, 2017

 

7月1日はカナダ建国記念日です。

フェィスブックでもカナダの友人がバンバン、Love Canada!の投稿を揚げています。これも文化の違いですよね。。とりあえず、日本人でLove Japan!をバンバン揚げる人はあまりいないですよね。。オリンピックとかの国際試合のときはいいですけどね。怪しいと思われるかもしれないですもんね。(^^;; でもその謙虚さこそがJapan!ではないでしょうか。

 

カナダデーかぁ、娘にもカナダの国歌を聴かせてあげようかな、とネットから検索して歌を聴かせてあげました。

 

National Anthem って言いますが、まぁ、これカナダではカナダ人が命をかけているホッケーの試合では必ず流れます。

 

メッチャ盛り上がって、会場のムードが最高潮に達したところで、歌うので会場もワーッて感じになります。

 

実は私は、今まで改めてカナダの国歌を聞いたことがなかったので、歌詞が聞き取れてない部分がありました。

 

これが歌詞です。

 

O Canada! Our home and native land!
True patriot love in all thy sons command.
With glowing hearts we see thee rise,
The True North strong and free!
From far and wide, O Canada,
We stand on guard for thee.

God keep our land glorious and free!
O Canada, we stand on guard for thee.
O Canada, we stand on guard for thee.

 

thee 汝とか普段使う単語じゃないですからね。これは聞き取れないと思います。

 

神よ、私たちの国に栄光と、自由を!

 

カナダのキーワード、広大な、北国、強さと、シンプルさ、そして一番大切なフリーダムが全て組み込まれていますね。

 

長く人々に愛されてきている国歌って、なんて象徴的何だろうと思いました。

 

30年位前はカナダの国歌を歌えればカナダ国籍がもらえたそうです。笑 

今ではいくらお金を詰んでも難しくなりました。カナダの投資移民プログラムは中止になりました。カナダでの実績と能力が求められる審査になっています。

 

使っていた検索サイトが中々よくて、他の主要な国の国歌も載っていたので、アメリカ、イギリスも調べてみました。

 

イギリスはQueenという最も象徴的なキーワードと、キリスト性が歌詞に入っています。

 

そして、アメリカは星条旗と米英戦争。

 

また、カナダの国歌は当初、フランス語で作られていて、今でもフランス語と英語が交互に歌われることがあるそうです。

 

またそのサイトによると日本の国歌は何と外国人が作曲したそうです!和楽器で演奏されているバージョンを聞きましたが、神道の神秘的な感じが表現されていて素晴らしかったです。

 

うーん、これは今後、是非めいぷるのレッスンでも取り入れたい!もうちょっと英語圏の文化的背景もプレゼンできるレッスンをしていきたいです。

 

しかし、驚いたのはO Canadaを聞いた娘が既に普通に一緒に歌ってたこと。そういえば、国歌斉唱失敗バージョンとかいう動画を笑いながら見ていたな。。。(試合とかで歌われるやつの失敗編です。)

 

聞き取れるの?と聞くと、英語の歌は全部聞き取れるわよ。この間歌詞を書いていたでしょ。と言われました。。。。

 

↓カナダ国民の愛すべきJoe君です。

 

貴重なCeline Dionのフランス語版 O Canada. Celine Dionはカナダ出身。アメリカの国歌もカナダの国歌も歌える最強の歌姫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2020年春休みバンクーバー英語キャンプ

August 18, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 3, 2019

October 24, 2019

October 14, 2019

Please reload

アーカイブ