武蔵野市西久保2丁目

お問い合わせ:

asakotakahashi@mapleabc.com

(​*自宅教室のため、ネット地図上では掲載を控えております。数日で返信がなければお手数ですが上記メールアドレスよりご連絡くださいませ。)

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

小学生基礎クラス

初心者用教材:mpi松香フォニックスのWe Can! ​シリーズ

英単語を正しく読むために役立つフォニックスの要素が散りばめられているワークブックです。フォニックスのルールを全て覚える必要はありませんが、日本語にない音を意識的に繰り返し練習することが出来るようになっており、発音が良くなります。また最初のうちは習った文章をなぞる練習をするので、無理なく書く練習が始められます。

クラス進行の目安(低学年〜中学年)

20分 英語を使ったゲーム、歌を含むアクティビティー

20分 英語の本の音読

20分 レベルにあったワークブックで教師と会話しながら読み書き(ハイレベルクラスはオールイングリッシュです。)

1年目:We Can1ではアルファベット、数、色、体の部位、家族、形、食べ物、動物、曜日、お天気

歌や簡単な絵本、体を動かしたりフラッシュカードや小道具を使いながら楽しみながら英語のインプットを行います。今後文章をしっかり覚えていくために耳を慣らします。

2年目:We Can2 では文章の導入が始まります。

3文字単語カードを使って、少しずつ文字だけで単語が読めるようになっているか確認していきます。同時に簡単な絵本を音で覚えさせながら文字をヒントに読ませていきます。英語に慣れて落ち着いて勉強できる段階になったらカードゲームなどを利用して簡単な会話の練習を始めます。

3年目:We Can3 では文法の導入が始まり英語の問題に答える練習が始まります。

読む本のレベルをあげ、Leveled Books(難易度別にレベル分けされた本)のシリーズにも挑戦します。押すと音が出るペンと本を使い、ネイティブレベルの英語の速さを聴きながら教室で読む練習をして家でも本を自力で読む練習を始めます。動詞や形容詞のカードを書かせながら覚えるようにして、カードのヒントを参考に自力で文章を考えたり、動詞を活用させるようにして中学英語に備えます。

​4年目以降:これまでのインプットを元に主語+動詞+目的語など、簡単な文章を自分で組み立てる訓練を始めます。ただ簡単な会話の練習を音だけで行うのではなく、ネイティブのお子さん向けのパズルのような教育おもちゃを使用して、文章の可視化を行い、理論立てて英語の文章を自力で組み立てていきます。

​授業参観につきまして

年に一回3月に保護者様を交えた授業参観を行なっています。お子さんは英語を習っていても、特に必要がない限りおうちで積極的に使うことは稀で、保護者様に成果が目に見えにくいです。普段のレッスンと同じメンバーで同じアクティビティーを行いますのでリラックスして英語を楽しんでいる姿を見る良い機会になればと思っています。参加は強制ではありませんが、ゲームタイムなどを交えてお子さんの1年の頑張りをねぎらうための楽しい時間にするように心がけています。